マザーズ指数・中小型株が強いー2020年4月20日の日本株

<今日の日本株>
週明け4月20日の日本株は、朝方から大きく値を下げて始まり、終日軟調な展開でした。日経平均株価の終値は先週末比228円14銭安の19669円12銭でした。
TOPIXも下落しましたが、マザーズ指数は3%ほどの大幅高となっています。

値上がり銘柄2179に対し値下がり銘柄1644とやや値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は26、年初来安値更新銘柄は2でした。

ADA指数は33.1%となりました。新規空売りを実行したことなどによります。ここまで急速に上昇してきたので、これからの新規買いは慎重にしています。

 

<中小型株がとにかく強い>
個別銘柄をみると、マザーズ指数の上昇をみても分かる通り、とにかく中小型株が強い動きになっています。その一方、25日移動平均線近辺をうろうろしていたり、25日移動平均線すら超えられない銘柄もあり、銘柄の選択いかんで投資成績は大きく異なってしまうという状況です。

私の持ち株も中小型株が多くなっていますが、一部利食いも考えないといけないほどの急速な上昇となっています。

ただその一方、日本株に過熱感が出始めています。騰落レシオは124.2%まで上昇しました。底値では騰落レシオが40%台まで下落していましたから、そこから124%までの上昇となれば、個別銘柄はかなりの上昇となっています。
過去、騰落レシオが60%を切って底値を付けてからの戻りでは、だいたい騰落レシオが130%近辺に達するとピークアウトしています。したがって、少なくとも現時点から新規で大量に買うのはかなりリスクが高いですし、保有株については利食いを検討する時期にきています。
そして、弱い株についてはいち早く下落を始めるので、保有株のヘッジの意味あいも含め、下降トレンドにある銘柄の空売りも検討すべきです。

原油先物の5月物が初のマイナス、しかも強烈なマイナスになるなど、きな臭い動きも見られます。今のところ、株式市場には大きな影響はないですが、変調をきたしたらすぐに逃げられるように、売却のルールをしっかりと作り、それを実行するようにしましょう。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/