アメリカ株が強すぎるー2019年2月15日の日本株と今週の投資戦略

<2月15日の日本株>
週末2月15日の日本株は終日弱い動きとなり、日経平均株価の終値は前日比239円08銭安の20900円63銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も下落しました。

値上がり銘柄1282に対して値下がり銘柄2395と値下がり優勢、昨年来高値更新銘柄は5、昨年来安値更新銘柄は32でした。

ADA指数はマイナス4.2%となり、前日のプラス8.5%から大きく低下、再びのマイナスとなりました。25日移動平均線を割り込んでいる銘柄につき、空売りのポジションを積み増したことなどによります。

 

<空売りは時期尚早か?>
個別銘柄をみると、デジタルアーツ(2326)、SBSホールディングス(2384)など、強い銘柄は高値更新が続いていますが、他の銘柄への広がりはあまり感じられません。

決算発表のシーズンが終わりましたが、やはり銘柄により決算発表後の動きもまちまちであり、上昇トレンドの銘柄と下降トレンドの銘柄が混在している状況です。

そんな中、私自身は「さすがに日本株の反発もそろそろ終わるだろう」と、多少見切り発車気味に、空売りのポジションを増やしましたが、週末のあきれるほどのアメリカ株の強さをみると、空売りを強めるのはは時期尚早で、損切りして出直し、ということになりそうです。

日本株は、全体でみればアメリカ株の強さに引きずられて、ツレ高となっているような形ですが、個別銘柄ベースでは全くバラバラの動きです。

基本は強い銘柄を買い、弱い銘柄を空売りするというロング・ショート戦略を引き続き実行し、かつあまりポジションを膨らませないようにして当面は過ごしていくつもりです。今は勝負する時期ではないと思っていますから、仮にここから株価が大きく上昇したとしても気にしないようにしますし、恩恵が受けられる程度の買いポジションを保持していくつもりです。ADA指数はマイナスですが、買いと空売りをネットした結果であり、買いポジションは今でもそれなり(投資可能資金の25%ほど)には持っています。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/