ひとまず10連休は無難に乗り切るー2019年4月26日の日本株と今週の投資戦略 

<4月26日の日本株>
新元号「令和」になり初のブログです。今後とも引き続き個人投資家の皆様へ有益な知識・情報の提供に努めてまいりますので、よろしくお願いします。

連休直前4月26日の日本株は、朝方大きく下げたものの引けにかけ急速に下げ幅を縮める展開でした。日経平均株価の終値は前日比48円85銭安の22258円73銭でした。
TOPIXは小幅安、マザーズ指数は小幅高でした。

値上がり銘柄1455に対し値下がり銘柄2214と値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は74、年初来安値更新銘柄も74でした。

ADA指数は12.3%となり、前日の14.2%から少し低下しました。いつも通り、25日移動平均線を割り込んだ銘柄を売却するなどしたことによります。ポジションを膨らませないようにしているのも変更ありません。

 

<次の山は決算発表>
5月6日はトランプ大統領の中国への関税引き上げ発言により中国株が5%超の急落となりましたが、アメリカ株はほとんど下げずに終えました。
もし、5月6日に日本株のマーケットが開いていたら、日本株はかなり売られていたはずですので、その面では今回の連休はラッキーだったと思います。

心配していた海外市場の急騰、急落もなく、連休明けは比較的穏やかに始まりそうですが、次の山は3月決算銘柄の決算発表です。
決算発表の結果、株価が上下どちらに大きく振れるかは予測できません。怖いのは、決算発表直前に買い、決算発表により10%、20%と大きく下落してしまうリスクです。

もちろん、決算発表で株価が急上昇する可能性もありますが、やはりふたを開けてみないとわからないですから、あまりリスクの高い行動はすべきではないと思います。

現状、私自身もポジションはかなり小さくしていますが、決算発表が出そろい、良い買いタイミングがきた銘柄については買いを進め、ポジションをもう少し膨らませることも検討しています。

いずれにせよ、2012年終わりのような、安値からの立ち上がりではありませんから、常に株価の大きな下落に注意しながらあまり無理をしない投資をしばらくは続けていくことになりそうです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/