ちょっと嫌な動きにー2020年10月21日の日本株

<今日の日本株>
10月21日の日本株は、終日前日の終値を上回ったものの上値も重い展開で、日経平均株価の終値は前日比72円42銭高の23639円46銭でした。
TOPIXも上昇しましたが、マザーズ指数は下落しました。

値上がり銘柄2519に対し値下がり銘柄1248と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は68、年初来安値更新銘柄は1でした。

ADA指数は65.0%となり、前日の63.1%から少し上昇しました。新規でいくつか上昇トレンド銘柄を購入したことなどによります。

<マザーズ銘柄の陰線・上ヒゲ目立つ>
個別銘柄をみると、キャリアリンク(6070)、ラクーンホールディングス(3031)、メディカル・データ・ビジョン(3902)、マネーフォワード(3994)、JTOWER(4485)、ビザスク(4490)、セラク(6199)など高値更新となる銘柄もいくつかありました。

ただ、それらの多くは大きめの陰線をつけていたり、長い上ヒゲをつけており、チャートの形としてはあまりよくありません。天井をつけるときに出やすい形ですからちょっと嫌な感じはします。

もちろん、まだ上値がある可能性も十分にありますから決め打ちはしませんが、いつ天井をつけて本格調整に入るか分からないので、常に気を引き締めておく必要があります。

上昇トレンドの成長株を今から買っても間に合いますか?という声はとても多いですが、もし買うなら、買った後株価が大きく下落する可能性も考慮し、どうなったら売るかというルールをしっかり設けてください。

この株は業績好調だから多少株価が下がっていても気にせず持ち続けよう!と思っていると、気がついたころには多額の含み損をかかえた塩漬け株が発生して手も足も出なくなります。

特に成長株がここまでバブル気味に上昇している中では、株を買った後で値下がりしたときの対処法をしっかりと持っておく必要があります。下がるときは一瞬であっという間に下がりますから、下がってからどうするか決めようと思っていても間に合いませんよ。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/