ここで踏ん張れるかー2020年3月5日の日本株

<今日の日本株>
3月5日の日本株は、前日のアメリカ株急騰を受け朝方大幅高で寄り付くも、その後は伸び悩む展開となりました。日経平均株価の終値は前日比229円06銭高の21329円12銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄2113に対し値下がり銘柄1636とやや値上がり優勢、昨年来高値更新銘柄は1、昨年来安値更新銘柄は137でした。

ADA指数は6.6%となり、前日の1.5%から上昇しました。25日移動平均線を超えた銘柄のほか、多少フライング気味に買った銘柄もあります。ただ、金額は少量にとどめています。

 

<テクニカル的にはこれ以上下がりにくい>
個別銘柄をみると、まだまだほとんどの銘柄が下降トレンドですが、ほんのわずかずつ、上昇トレンドに転じるものも出てきています。

昨晩のアメリカ株が再び1000ドル安、為替レートも1ドル=106円台に進行していて、6日の日本株も厳しそうですが、テクニカル的に見れば、ここからさらに大きく下押すのも難しいのも事実です。

先週金曜日~今週月曜日にかけ、テクニカル的には陰の極に達していて、さらにここから下がるにしても、一旦の反発を入れないと難しいのでは、という印象です。

もちろん、25日移動平均線を割り込んでいる下降トレンド銘柄は無視して構わないのですが、例えば上昇トレンドにある銘柄までもを、アメリカ株急落にびっくりして投げ売りしてしまう、というのもどうかと思います。

おそらく、すでにそこそこの銘柄は一旦の底打ちをしているはずなので、少しずつですが上昇トレンドに転じるものも増えてくるはずですし、いち早く上昇トレンドになった銘柄は株価がさらに上昇する可能性が高いと思います。

もちろん、25日移動平均線を割り込んだら売却なのですが、底打ちの可能性もかなり高いので、それまではあわてて投げずに粘ってみるのも得策ではないかと感じます。
なお、投資金額はまだ少なめにしておいたほうが無難です。テクニカル的には底打ち近しですが、世の中でとんでもない出来事が起これば株価は底割れしてしまいますので。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/