ここからの新規買いは慎重にー2019年9月20日の日本株と今週の投資戦略

<9月20日の日本株>
3連休を控えた9月20日の日本株は、日経平均株価が一時22200円に達する局面もありましたが上値が重く、終値は前日比34円64銭高の22079円09銭でした。
TOPIXも小幅上昇、マザーズ指数はサンバイオ(4592)の急騰の影響もあり大きく上昇しました。

値上がり銘柄2127に対し値下がり銘柄1527と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は137、年初来安値更新銘柄は1でした。

ADA指数は58.9%となり、前日の55.2%から上昇しました。ADA指数が上昇しないよう、新規買いをした分保有株を売って調整しているつもりなのですが、どうしても少しずつ上昇してしまいます。さすがにこれ以上ポジションを膨らませるのは当面は避ける予定です。

 

<理想は指数が売られても個別銘柄は強い展開>
個別銘柄をみると、エスプール(2471)が一気に切り返して高値更新、エレコム(6750)やソフトバンク(9434)も高値更新となっています。
ソフトバンクの上昇はは配当狙いの買いが入っているためと思われますが、なかなか超えないだろうと考えていた公募価格を超えてきており、こういう面からも相場環境はだいぶよくなってきていると感じます。

25日騰落レシオがいよいよ136.3%と警戒ゾーンに入ってきており、短期的な過熱感はかなり高まっています。さすがに今から多額の新規買いをすることは避けるべきで、押し目買いに徹するほうが安全です。

保有株を利食いするかどうかはなかなか難しいところで、機動的に動ける人であれば一部利食いも良いと思いますが、私は上昇トレンド銘柄はそのまま持ち続けようと今のところは考えています。

あと、先週木、金と、いままで完全に出遅れていた内需系中小型成長株にも買いが入ってきました。理想はここから日経平均株価や先駆して上昇した銘柄が調整するとともに、内需系中小型成長株が上昇するという展開です。
そのような動きになるかを見極めながら、今後の割安株と成長株の投資比率をどうするかを検討していきたいと思っています。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/