ETF

27 Articles

アメリカ株急落の影響は?-2018年2月2日の日本株と今週の投資戦略

<2月2日の日本株> 週末2月2日の日本株は、日経平均株価が一時300円を超す値下がりとなりました。後場多少戻したものの、終値は前日比211円58銭安の23274円53銭でした。 TOPIX、マザーズ指数も下落しました。 値上がり銘柄1432に対し値下がり銘柄2264と、日経平均株価下落の割には意外と値上がり銘柄が多い印象でした。昨年来高値更新銘柄は111、昨年来安値更新銘柄は4でした。…続きを読む»

絶好調の日本株・しかしその実態は?-2018年1月5日の日本株と今週の投資戦略

<1月5日の日本株> 3連休を控えた週末1月5日の日本株は、朝高後一時伸び悩んだものの、後場になり再度値を伸ばす展開となりました。 日経平均株価の終値は前日比208円20銭高の23714円53銭でした。TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。 値上がり銘柄2464に対し値下がり銘柄1230と値上がり優勢、昨年来高値更新銘柄はさらに増加して316、昨年来安値更新銘柄は3でした。 AD…続きを読む»

日経平均株価アベノミクス相場後の高値更新間近ー2017年10月10日の日本株

<今日の日本株> 3連休明けの10月10日の日本株は上昇し、日経平均株価の終値は前日比132円80銭高の20823円51銭でした。TOPIXも上昇、マザーズ指数も大きく上昇しました。 値上がり銘柄2403に対し値下がり銘柄1213と値上がり優勢。年初来高値更新銘柄は167まで増加、年初来安値更新銘柄は4でした。 ADA指数は73.5%となり、前日の69.6%から上昇しました。上昇トレ…続きを読む»

日経平均株価「のみ」の値上がりに注意ー2017年10月6日の日本株と今週の投資戦略

<10月6日の日本株> 3連休を控えた週末、10月6日の日本株は終日強含みの展開となり、日経平均株価の終値は前日比62円15銭高の20690円71銭でした。 TOPIXも上昇、マザーズ指数も小幅ながら上昇しました。 値上がり銘柄1779に対し値下がり銘柄1774とほぼ同数、年初来高値更新銘柄は95と一時の勢いはなくなってきています。年初来安値更新銘柄は5でした。 10月6日のADA…続きを読む»

今日の日本株(2016年12月20日)

<今日の日本株> 12月20日の日本株は、日銀金融政策決定会合にて現状維持との判断がなされたことを好感して後場に入り強い動きとなり、日経平均株価は年初来高値を更新しました。日経平均株価の終値は前日比102円93銭高の19494円53銭でした。TOPIX、マザーズ指数もともに上昇しています。 今日の値上がり銘柄は2108、値下がり銘柄は1361とやや値上がり優勢でした。年初来高値更新銘柄は156…続きを読む»

今日の日本株(2016年10月20日)

<今日の日本株> 10月20日(木)の日本株は大きく上昇し、日経平均株価は前日比236円59銭高の17235円50銭で引けました。TOPIXも上昇しましたが、マザーズ指数は下落しました。 日経平均株価は9月5日の直近高値を超えてきました。TOPIXも高値更新となっています。 ただ、個別銘柄をみると、日経平均株価がこれだけ大きく上昇したにもかかわらず、値上がり2369に対して値下がりも1068…続きを読む»

今日の日本株(2016年10月11日)

<今日の日本株> 連休明けの10月11日の日本株は上昇し、日経平均株価は先週末比164円67銭高の17024円76銭で引け、17000円の大台を回復しました。TOPIXも上昇しましたが、マザーズ指数は下落しました。 日経平均株価は大きく上昇しましたが、個別銘柄でみると値上がり2025に対し値下がりも1336あります。年初来高値更新銘柄は104と高水準、年初来安値更新銘柄は11でした。 今日の…続きを読む»

今日の日本株(2016年9月27日)

<今日の日本株> 9月27日の日本株は、朝方大きく売られたもののそこから切り返してじり高に転じ、日経平均株価の終値は前日比139円37銭高の16683円93銭でした。TOPIXも1%ほどの上昇、マザーズ指数も小幅プラスとなりました。 日経平均株価の安値は16285円41銭で、終値=高値が16683円93銭ですから、安値から400円幅の上昇を見せたことになります。私自身、今日はさすがに厳しいかな…続きを読む»

日銀のETF購入内訳に大きな変化が!

9月21日の日銀の金融政策決定会合にて、ETFの買い入れ額に占めるTOPIX連動型の割合を増加させ、年額5.7兆円のうち2.7兆円にすることが決まりました。これにより、日経平均株価連動型のETFの買い入れ額は大きく減少すると思われます。 TOPIX連動型により多くの資金が投入された場合、恩恵を受けやすいのは時価総額の高い銘柄や銀行株と考えられます。実際、21日の銀行株は、マイナス金利深掘りの…続きを読む»