株価トレンド分析

27 Articles

ご質問の回答(49)-株価トレンド分析が威力を発揮するときとは

<ご連絡> 楽天コラム400回連載おめでとうございます。 先日テーマを募集された際に、 「利益を上げている投資家は、普段どのような行動をとっているのか」という質問をさせていただいた者です。 私自身を含め、多くの個人投資家に役立つのではないかと思いましたので、テーマに取り上げていただきありがとうございました。 私は足立さまの投資法に出会い、少しずつではありますが着実に利益が出せる…続きを読む»

ご質問の回答(46)ー株価トレンド分析と損切り

<ご質問> いつもお世話になっています。 今回楽天証券のコラム400回のテーマの応募も兼ねての質問なのですが、現在、私は足立先生の著書とコラムとブログを最も参考にさせていただいています。 私は11年前から某長期投資推奨のアクティブファンドで、まったくリスク管理をしないでお任せしていたので、リーマンショックでの株価暴落で驚き、恐怖心からそのファンドは最も安い価格で解約してしまい、資産を…続きを読む»

ご質問の回答(37)-海外投資について

<ご質問> 日本で貯金、投資しても増えない。年金もあてにできない。海外投資、海外積立をするべきだ、との話、セミナーを見かけます。(実際わたしも参加しました。) 海外投資の方が利回りが良さそうな印象です。 海外投資、積立と日本での投資の比較、リスク、利回り、それぞれの長所短所などを聞きたいです。 <回答> ご質問ありがとうございます。 海外投資については、基本的に定期的に積み…続きを読む»

強い銘柄もさらに二極化か?-2017年7月26日の日本株

<今日の日本株> 7月26日の日本株は上昇し、日経平均株価の終値は前日比94円96銭高の20050円16銭となり再び20000円の大台を回復しました。TOPIX、マザーズ指数も上昇して引けています。 値上がり銘柄は1883、値下がり銘柄1635とほぼ拮抗、年初来高値更新銘柄は117.年初来安値更新銘柄は15でした。 今日のADA指数は77.3%となり、前日の74.9%から少し上昇しま…続きを読む»

ご質問の回答(22)

<ご質問> コラム、ブログなどでの情報発信をいつもありがとうございます。たいへん参考にさせていただいております。お陰様で損切りを確実に実行して、大きな損失を出す投資家からは決別できています。私は過去に長期投資推奨の某アクティブファンドの運用者による定期的な勉強会で、相場が下がっても気にしないで耐えてバイアンドホールドすれば、最後には報われるということを聞いて鵜呑みにして、そのとうりに持ち続てけて…続きを読む»

ご質問の回答(21)

今回はご質問というよりはご報告いただいたものをご紹介します。 なお、一部伏字となっておりますのでご了承ください。 <ご報告> ご教示いただいた株価トレンド分析の手法で三月〇日に〇〇〇〇株を25切り即で利益を残して売れました。 もちろんこの株は、私は高値越えしてきたらまた買ってみるつもりです。これかもトレンド分析の教えを守っていきたいです。 そうはもうしましても多少動揺しながらなんです…続きを読む»

今日の日本株(2017年3月8日)

<今日の日本株> 3月8日の日本株は終日弱含みの展開で、日経平均株価の終値は前日比90円12銭安の19254円03銭でした。TOPIXも下落しましたが、マザーズ指数は上昇しました。 値上がり銘柄1476に対し、値下がり銘柄1923と、やや値下がり優勢でした。最近は、全面高にも全面安にもならない、まさにどっちつかずの動きとなっています。 昨年来高値更新銘柄は87、昨年来安値更新銘柄は2でし…続きを読む»

ご質問の回答(12)

<ご質問> いつも足立先生のブログやコラムや投資講座の動画を見て、先ずは勝ち組二流投資家になろうと勉強させていただいています。 ブログのことでの質問ではなくて、楽天証券の足立先生の株式投資講座6回目を再度見ての質問ですが、足立先生が視聴者の質問のデイトレードやスイングトレードで、「私はトレードとかトレーダーという言葉は嫌いなので使わないのですけれど」と言っていましたが、その理由はなぜですか…続きを読む»

25日移動平均線近辺まで株価が調整した銘柄の対処法

私が実践する株価トレンド分析では、保有株については25日移動平均線を割り込んだら売却するというルールがあります。 しかし実践では、25日移動平均線を割り込むまでは至っていないものの、このまま下落が続いて25日移動平均線を割り込みそうに思える銘柄も少なくありません。 こんなとき、見切り発車で25日移動平均線を割り込む前に売却してしまうのか、それともルールを厳密に解釈し、あくまでも25日移動平…続きを読む»

アトラ(6029)の株価チャートでみる株価トレンド分析の優位性

私が日ごろ実践している「株価トレンド分析」は、簡単に言えば株価が25日移動平均線より上にあるか、下にあるかにより売買および保有の可否を判断するものです。 25日移動平均線を明確に割り込んだ場合、保有株は速やかに売却するのがルールです。 アトラ(6029)は、10月中旬~後半にかけて25日移動平均線より株価が上にありましたが、11月はじめに急落し、株価が25日移動平均線を明確に割り込みました…続きを読む»