損切り

39 Articles

今日の日本株(2017年1月18日)

<今日の日本株> 1月18日(私の誕生日でした)の日本株は、朝安後切り返し、反発して引けました。日経平均株価は18650円円33銭まで下落したもののそこから18941円24銭まで上昇、終値も前日比80円84銭高の18894円37銭でした。TOPIXやマザーズ指数も同様に、朝安後切り返して上昇しました。 値上がり銘柄は1649、値下がり銘柄は1817とほぼ拮抗、昨年来高値更新銘柄はトランプ相…続きを読む»

ここからの買い直し及び新規買いのタイミングを考える

1月4日の全面高の相場により、調整含みだった銘柄が一斉に切り返しの動きとなりました。例えば三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)は、昨年末の時点では25日移動平均線を少し割り込んでいましたが、1月4日には株価上昇により、再び25日移動平均線を明確に上回っています。 個人的には25日移動平均線割れにより昨年末に売却したものについては、速やかに買い直しをするべきタイミングだと思いますし、…続きを読む»

今日の日本株(2016年1月4日)

<今日の日本株> 年明け初日の1月4日の日本株は大幅高と、幸先の良いスタートとなりました。朝方から大きく上げて始まったあとも、終日じり高の展開でした。日経平均株価の終値は昨年末比479円79銭高の19594円16銭と、わずかながら昨年来高値を更新しました。TOPIXも大幅高となりましたが昨年来高値には達していません。マザーズ指数も上昇し、こちらは昨年来高値からは程遠いですが直近高値は更新していま…続きを読む»

株価が急落した東芝株を売る勇気

原子力事業関連の損失が数千億円規模に膨らむ見通しであることが判明した東芝(6502)の株価下落が止まりません。今日(12月28日)は80円のストップ安比例配分と暴落の様相を呈しています。 では、東芝株を保有していた場合、売るタイミングはなかったかといえばそんなことはありません。25日移動平均線を明確に下回った昨日(12月27日)がその唯一のタイミングでした。 ただ、昨日の株価が25日移動平…続きを読む»

今日の日本株(2016年11月29日)

<今日の日本株> 11月29日の日本株は終日弱含みの動きとなり、日経平均株価の終値は前日比49円85銭安の18307円04銭でした。TOPIXも小幅にマイナスでしたが、マザーズ指数は微増でした。 個別銘柄の動きを見ると、値上がり1661に対し値下がり1704とほぼ拮抗、年初来高値更新銘柄147に対し年初来安値更新銘柄はわずか3と、日本株の上昇トレンドに何も変化の兆候はありません。 今日のAD…続きを読む»

ご質問の回答(7)

(ご質問) 全6回の楽天セミナーは非常に有意義でした。これまで受けた講座の中で一番具体的で即実践ができました。 質問ですが、25日線を割って逆指値でロスカットになってしまった後に上昇に転じた場合は売った値より高値になりますが買いに向かったほうがいいですか?いつも下ヒゲに引っかかって損切になってしまいます。 (回答) 一度25日移動平均線割れでロスカットになったとしても、再度25日移…続きを読む»

今日の日本株(2016年9月7日)

<今日の日本株> 9月7日の日本株は1ドル=101円台まで進行した円高を嫌気して値下がりしたものの、下げは限定的で底堅い動きとなりました。日経平均株価は一時16093円20銭まで下落しましたが終値は69円54銭安の17012円44銭と17000円台を維持しました。TOPIXも小幅安にとどまり、マザーズ指数はそーせいグループ(4565)の大幅上昇などもあって2%近くの上昇となっています。 本日の…続きを読む»

今日の日本株(2016年9月6日)

<今日の日本株> 9月6日の日本株は終日底堅い動きとなり、日経平均株価は前日比44円35銭高の17081円98銭と、17000円台をキープしました。TOPIXやマザーズ指数も上昇しました。 年初来高値更新銘柄が32に対して年初来安値更新銘柄は3と、相場環境としては悪くありません。悪くありませんがかといってとても良いという感じでもなく、可もなく不可もなくという印象です。 この原稿を書いている時…続きを読む»

ポケモンGO関連株のここからの飛び乗りは慎重に

ポケモンGO関連株が軒並み急騰しています。私が取っている戦略などについては後日改めて書きますが、取り急ぎ、ここから買ってよいかどうかについての私の考え方だけお伝えします。 ポケモンGO関連株は、本命の任天堂(7974)を筆頭に、サノヤスホールディングス(7022)、イマジカ・ロボット ホールディングス(6879)、モバイルファクトリー(3912)、タカラトミー(7867)などがあり、今日になって…続きを読む»

株価急落で困っている個人投資家の方へ

私のブログに限らず投資関係のブログに共通することだと思いますが、相場が良い時や安定しているときは閲覧数が減少し、相場が急変(特に急落)した場合は閲覧数が一気に伸びることになります。 私のブログも、先週末にかけ通常の30~40%増の方にご訪問いただきました。その中には、初めて足を運んでくださった方もいらっしゃるかもしれません。 私の投資行動は、日々のブログを見ていただければ分かるのですが、今足元…続きを読む»