足立武志が代表社員を務める税理士法人はこちらから»

今日の日本株(3月18日)と来週の投資戦略

<今日の日本株> 3月18日の日本株は大幅下落となり、日経平均株価は前日比211円57銭安の16724円81銭と4日続落となりました。一方、マザーズ指数がプラスで引けるなど、新興市場銘柄を中心に値上がり銘柄も相当数ありました。 今日のADA指数は41.8%となり、前日の68.7%から急激に低下しました。この理由は後述します。 <日本株「一人負け」の構図> アメリカ、ヨーロッパだけでなく…続きを読む»

イベントリスクにどう対応するか

今週は、日銀の金融政策決定会合や、アメリカのFOMCが開催されたこともあり、いわゆる「イベントリスク」を気にしながらの相場となっています。 結果的には、日銀金融政策決定会合とFOMCを受けて相場が大きく変動することはなく、無事にイベントが通過した形となっています。 一方、投資情報サイトのニュースをみると、こうした株価に大きな影響を与える可能性のあるイベントを前にすると、「積極的な売買を控え…続きを読む»

今日の日本株(2016年3月17日)

<今日の日本株> 3月17日の日本株は荒い値動きとなり、日経平均株価は前日比38円07銭安の16936円38銭で引けました。終値こそ小幅安でしたが、朝方17253円03銭まで上昇したと思ったら、午後に急落して一時16814円84銭と高値から400円の値下がりとなりました。日経平均株価は25日移動平均線の上にあるものの、本当に上値の重い状態が続いています。 本日のADA指数は68.7%で、昨日の…続きを読む»

今日の日本株(2016年3月16日)

<今日の日本株> 3月16日の日本株は続落し、日経平均株価は前日比142円62銭安の16974円45銭と17000円を割り込んで引けました。 ADA指数は70.9%で、前日の71.3%からほぼ変わらずとなっています。すでに買い仕込みは終わっていますので、ここから保有株が次々と下降トレンドに転換しない限りは、保有株のメンテナンスや銘柄入れ替えを主に実施します。そのため、ADA指数は当面70%近辺…続きを読む»

今日の日本株(2016年3月15日)

<今日の日本株> 3月15日の日本株は反落し、日経平均株価は前日比116円68銭安の17117円07銭で引けました。日銀金融政策決定会合にて金融政策を現状維持とすることを受け、後場に入ってからやや売られました。個人的には、1月のマイナス金利のときのように、金融緩和を発表したのに株価下落、となっては目も当てられませんでしたので、現状維持で良かったと思っています。 今日のADA指数は71.3%(前…続きを読む»

今日の日本株(2016年3月14日)

<今日の日本株> 3月14日の日本株は大幅高となり、日経平均株価は先週末比294円88銭高の17233円75銭で引けました。これで3月4日の17042円92銭を明確に上回り、上昇トレンドの継続が確認できました。 今日のADA指数は72.0%(先週末64.7%)まで上昇、強気を維持しています。ADA指数の70%超えは、昨年12月7日以来、3か月ぶりのことです。言い換えれば、3か月ぶりに、投資資金…続きを読む»

「E」エリアや「F」エリアで不動産賃貸が相続税対策になるのか?(その1)

2月7日のブログにて、路線価図に記されたアルファベットが「E」、「F」のエリアでは、不動産賃貸をしても相続税対策にはつながらない可能性が高いのではないかと述べました。 なぜ「E」や「F」エリアでの不動産賃貸が相続税対策につながらないか、その理由の1つが貸家建付地の評価にあります。 貸家建付地は、次の算式で計算されます。 自用地としての評価額-自用地としての評価額×借地権割合×借家権割合×…続きを読む»

「ファンダメンタル投資の教科書」が増刷となりました

拙著「株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書」(ダイヤモンド社)がお蔭様で6回目の増刷となりました。ご愛読いただいております皆様には心より御礼申し上げます。 株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 アベノミクス相場後の日本株は、ファンダメンタル分析の重要度が増しています。一昔前は、株価チャートなどテクニカル分析のみでも十分に戦えましたが、今は…続きを読む»

3月11日の日本株と来週の投資戦略

<3月11日の日本株> 3月11日(金)の日本株は大幅下落から切り返し、日経平均株価は前日比86円52銭高の16938円87銭で引けました。朝方は一時16575円75銭まで下げたもののそこから上昇し、17015円30銭と17000円超えとなる場面もありました。 前日のアメリカ株安や円高で、金曜日の日本株への悪影響を大いに危惧していましたが、終わってみれば非常に強い動きでした。 誰が買っている…続きを読む»