相続対策ではなにを優先すべきなのか?

by atf

前回、「相続対策」と「相続税対策」は異なる意味であること、そして相続対策は以下の3つに分類されることをお話ししました。

  1. 遺産分割対策
  2. 納税資金対策
  3. 相続税対策

この中で何が最も重要かと言えば、(1)の遺産分割対策です。遺産を相続する(受け取る)立場で考えれば、使い勝手のよい財産を相続したいと思うのがふつうです。利用価値の低い不動産よりも、何にでも使えるお金をもらいたいのです
その次に重要なのが(2)の納税資金対策です。
世の中には、財産を相続により受け取っても、相続税が納税できず苦労している人たちが少なくありません。相続人が後々困らないように、生命保険などを活用して納税資金を確保しておく必要があります。

ですから、現金・預金や上場株式などの金融資産が少なく、不動産が財産の大部分だという方は、不要な不動産を売却してキャッシュなど金融資産にかえておくことが重要です
そして、(1)(2)がクリアできてはじめて(3)の相続税対策が必要かどうかを検討するという順番です。