生前贈与は「非課税枠」にこだわらない方が有利な場合も

相続対策として非常に有効なのが生前贈与です。生前に財産を子どもなどに渡してしまえば、相続時に課税される財産が減るため、相続税の節税効果につながります。
最近は相続対策に意識の高い方が増えていて、皆さん積極的に生前贈与を行っているようです。しかしその多くは年間110万円の「非課税枠」の範囲内での贈与にとどまっています。
もちろんそれでも相続税の節税効果はありますが、特に財産の多い方は、あえて贈与税を支払ってでも、非課税枠を超えた額を贈与することでさらなる節税効果を得られる場合が少なくありません。
節税効果をしっかり享受するために、公認会計士・税理士にアドバイスを受けたうえで実行することをお勧めします。

楽天証券の相続対策コラムにて、詳しく解説していますのでそちらもご覧ください。

楽天証券相続対策コラム