その他

32 Articles

ご質問の回答(21)

今回はご質問というよりはご報告いただいたものをご紹介します。 なお、一部伏字となっておりますのでご了承ください。 <ご報告> ご教示いただいた株価トレンド分析の手法で三月〇日に〇〇〇〇株を25切り即で利益を残して売れました。 もちろんこの株は、私は高値越えしてきたらまた買ってみるつもりです。これかもトレンド分析の教えを守っていきたいです。 そうはもうしましても多少動揺しながらなんです…続きを読む»

ご質問の回答(20)

<ご質問> いつもブログ等拝見させていただいております。大変参考になる情報提供、本当に有難うございます。 恐縮ですが質問させてください。 先生のADA指数の増減には何か客観的な基準・根拠はありますか? 投資には客観性が必要だとのお話でしたが、「トレンドフォロー」には明確な基準(25日線を超えたか否か)をお示しいただいていますが、もうひとつの重要要素であると思われる「ADA指数」には…続きを読む»

ご質問の回答(19)

<ご質問> お世話になります。いつもFacebook・ブログ・楽天コラムを読ませて頂いています。 むしろ他の方のコラムや四季報のトップにでているニュースでブレるのが嫌なのであまり見ていません。 大変恐縮ですが、希望と質問がありましたのでメールをさせて頂きました。 先のブログで先生の質問への回答で、今後のセミナーや株式投資塾の開催を予定しているとの事でしたね。私自身、地方に住んでおり…続きを読む»

ご質問回答へのご返信メール(ありがとうございました)

先日のご質問の回答(17)に対して、下記のようなご返信をいただきました。とても嬉しかったです。大変励みになります。ありがとうございました。 他にもメールを頂戴しておりますが、紙面の都合上1つだけご紹介させていただきました。 これからも、1人でも多くの方が「自立した個人投資家」になれるよう、応援していきます。 <以下ご返信いただいた内容> お忙しい中早々にご回答頂き有難うございました。大…続きを読む»

ご質問の回答(18)

ご質問いただき、ありがとうございます。以下にご回答いたします。 <ご質問1> 株に関しまして、次の点をお尋ねいたします。 1.株の情報発信は有料でもされていますか? 2。講演会への参加方法について <回答1> 1.につきまして 現状、有料での情報発信は行っておりません。 なお、初夏ごろを目途に、「株式投資塾」(仮称)を開講する予定です。詳細が決まりましたら本ブログにてご案内…続きを読む»

ご質問の回答(17)

※お断り ご質問の内容の重要性にかんがみ、先にこちらのご質問に対して回答します。それ以外にいただいている質問も順次回答しますのでお待ちください。 <ご質問> 今日の日本株(2月13日)での売買の実例についての質問です。ワールドホールディングス(2429)、日本管理センター(3276)は、共に13日大引け後に決算発表を控え、当日に買うのはリスクだと思いますし、25日線もまだ下降トレンド…続きを読む»

ご質問の回答(16)

質問 (※一部伏せております) 足立先生、2冊の書籍とブログや楽天証券のコラムを参考にさせていただき、投資スタイルの確立を模索しております。いつもありがとうございます。 保有する銘柄の数と分散の仕方ついて質問させてください。 1. 個人投資家は管理が行き届かなくなるので、保有するのは20程度が良いという意見がありますが、どう思われますか。 2. 銘柄が偏らないように、市場や…続きを読む»

ご質問の回答(15)

(ご質問) 足立先生の書籍を購入し、順張りの勉強をさせて頂いています。 また、毎日楽しくブログを拝見しています。 お忙しいとは思いますが、質問をさせて下さい。 上昇トレンドだったものが25日線を超えて下がった時、足立先生は売却かヘッジとしての空売りをするとのことですが、その「売却するか空売りするか」のどちらにするかの判断は、どのようにしていらっしゃいますか? (回答) 書籍ご購入お…続きを読む»

ご質問の回答(14)

<ご質問> 1.株式売買を足立先生が指導されている会へ入会したいのですがどこをクリックすればわかりますか。 2.ADA指数と信用評価損益率とは何ですか。ご説明いただければ幸いです。   <回答> 1.現在、公式のものはありませんが、今年夏ごろをめどに開講することを検討しています。 それまで待てない、個別に対応してほしいという場合はご連絡ください。 2.A…続きを読む»

ご質問の回答(13)

<ご質問> 毎回ブログでの有益な情報をご提供頂きまして、ありがとうございます。 この度一点質問がございまして、メールをさせて頂きました。私は、通常の株の運用に加え、企業型の確定拠出年金を運用しています。 現在は上昇トレンドのため、金融商品は全額、外国株式・国内株式による運用をしていますが、下降トレンドに入った際、債券などへのスイッチングのタイミングをいつにするのが適切だとお考えでしょうか…続きを読む»