金融証券に関わる相続手続き・相続対策についてはこちらからどうぞ

2017年4月後半のADA指数

4/17  16.8%
4/18  29.4%
4/19  37.3%
4/20  35.5%
4/21  45.5%
4/24  45.8%
4/25  60.4%
4/26  78.3%
4/27  79.5%
4/28  71.6%

4月初めから、日本株は軟調な動きとなっていたため、買いをかなり落としていましたが、4月下旬になり、株価が持ち直してきたため、買いを増やし、4月末時点ではかなり強気のポジションにまで回復しています。

地政学リスクなど、株価にとっての懸念要因はいくつもあるものの、足元で日本株は再度上昇トレンドになっているため、必要以上に弱気になる必要はないと判断しています。
突発的な急落には、プットオプションの買いで対応しています。

個人的には、やや攻めているため、少し買いが多すぎる感もあります。地政学リスクを加味すれば、投資可能資金の50%程度にしておくのが丁度良いかもしれません。