金融証券に関わる相続手続き・相続対策についてはこちらからどうぞ

2016年9月後半のADA指数

9/16  10.3%
9/20  20.6%
9/21  35.0%
9/23  54.0%
9/26  57.7%
9/27  55.3%
9/28  62.2%
9/29  68.0%
9/30  62.4%

9月中盤は守り気味の展開でしたが、日銀金融政策決定会合でTOPIX型のETFの買い入れ額増加が発表されたあたりから、明らかに強い動きとなる個別銘柄が増加しました。後半はそうした銘柄を中心に買い進めていった結果のADA指数上昇です。しかし、まだ明確な日本株全体の方向性は見えていないので、ダメなら即座に撤退する覚悟でいます。