金融証券に関わる相続手続き・相続対策についてはこちらからどうぞ

2016年6月後半のADA指数

6/16  △27.1%
6/17  △27.1%
6/20 △18.8%
6/21  △9.2%
6/22  △17.1%
6/23 △17.3%
6/24  △29.5%
6/27  △3.4%
6/28  2.1%
6/29  9.7%
6/30  19.3%

もともと6月中旬にかけてはかなり守りを重視していて、6月24日の急落でさらに守りを強化しました。そして6月27日に空売りの3分の2を買い戻したため大きくADA指数が改善しています。そこからは戻り局面継続に伴い、上昇トレンド復帰銘柄への買い、ヘッジ空売りの買い戻し、純粋空売り銘柄の買い戻しを進めた結果、月末時点では明確なプラス圏まで戻してきました。
ただ、まだ日経平均株価は下降トレンドであり、ドルー円相場も円高気味で推移していますから、今後買い進めたとしてもADA指数が50%前後にとどまるレベルに抑えようと現時点では思っています。