金融証券に関わる相続手続き・相続対策についてはこちらからどうぞ

2016年3月後半のADA指数

3/16   70.9%
3/17   68.7%
3/18   41.8%
3/22   53.1%
3/23   57.2%
3/24   59.3%
3/25   55.0%
3/28   56.1%
3/29   61.8%
3/30   64.0%
3/31   56.4%

主に、内需系の新興市場銘柄・中小型株で上昇トレンドにある銘柄の保有を続けていました。日経平均株価の動きはイマイチでしたが、いち早く上昇トレンドに転じた強い銘柄を中心にポートフォリオを組み立てたため、ADA指数は高水準で推移しました。基本スタンスは、「日経平均株価の調整が保有株に与える影響を注視しつつの強気維持」といったところです。
今後、日本株の調整局面が進み、25日移動平均線を割り込む銘柄が増加した場合、空売りを増やすつもりですから、その時はADA指数はさらに低下することとなります。