2016年3月前半のADA指数

3/1  40.1%
3/2  49.3%
3/3  60.4%
3/4  64.5%
3/7  67.7%
3/8  55.2%
3/9  46.9%
3/10  57.2%
3/11  64.7%
3/14  72.0%
3/15  71.3%

3月の初めの時点で、2月12日以降いちはやく上昇トレンドへ転換した強い値動きの銘柄を中心に保有していました。その後、上昇トレンドへ転換する個別銘柄が日々増加し、それらも新規買いしたため、ADA指数は上昇傾向にあります。3月15日時点では71.3%であり、当面はこのあたりがADA指数の上限になると思われます。
2月12日以降の早い段階から上昇トレンド転換銘柄を新規買いしたことが奏功し、日経平均株価が年末の水準まで戻っていないにもかかわらず、私の保有銘柄の含み益や実現益は、年末の水準を超えてきています。強い銘柄は上がり続け、弱い銘柄はてこでも上がらない、そんな二極化相場は相変わらず続いている印象です。