金融証券に関わる相続手続き・相続対策についてはこちらからどうぞ

2016年11月後半のADA指数

11/16  47.6%
11/17  51.9%
11/18  61.0%
11/21  67.4%
11/22  68.7%
11/24  68.2%
11/25  64.8%
11/28  68.1%
11/29  70.7%
11/30  71.9%

トランプ氏勝利後、日がたつにつれ、上昇トレンド入りする個別銘柄が増加していましたので、ADA指数も同じような推移になっています。
なお、自主規制として、最大でもADA70%程度に抑えるようにしておりますので、11月29日や30日の70%超えというのは、ほぼ100%の強気であるということです。

大相場では、株をある程度持ってさえいれば、大きな利益を得ることができます。まだ大相場にはなっていませんが、大相場入りしたときのことを考え、ある程度は株を保有しておくべきと思います。下降トレンドに転じたら、売ればよいだけですから。