2015年12月後半のADA指数

12/16  21.9%
12/17  44.1%
12/18  47.8%
12/21  33.2%
12/22  38.0%
12/24  29.3%
12/25  24.9%
12/28  28.1%
12/29  36.4%
12/30  44.5%

12月後半は、25日にかけて個別銘柄の調整が進んだためADA指数は低下しましたが、28日以降、個別銘柄の多くが値を戻したことに伴いADA指数も一転上昇しました。ADA指数はそれほど高くないにもかかわらず、大きく上昇した個別銘柄が多かったため、最終週3日間の含み益は思ったよりも増加してくれました。