震災地を支援するふるさと納税

熊本・大分地方のこの度の一連の大震災は、非常に胸を痛めるものでした。被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。一日も早く普段通りの生活が送れることを願っております。

ネットニュースの記事の中に、今回の震災で大きな被害を受けた南阿蘇村に対し、2日で3500万円のふるさと納税による寄付が集まったというものがありました。返礼品をもらえないにもかかわらずです。

ふるさと納税といえば、各自治体が競って魅力的な返礼品を寄付者に送り、かなり過熱している感がありました。寄付をする側も、単に返礼品をもらうためという動機であることがほとんどで、税という限りあるパイを自治体同士が返戻品合戦で奪い合っているような印象をどうしても持ってしまいます。

そんな中、返礼品がないのに南阿蘇村に多額の寄付が集まったということは、支援、助け合いという純粋な気持ちの表れだと感じます。これこそが寄付の本質なのではないでしょうか。私は、こうあってこそふるさと納税という制度が生きてくるのではないかと思いました。

私たちにできることは限られてはいますが、1人ひとりができることをしっかりと実行していくことが大切だと思います。