結局はいつもと同じ流れか-2017年11月21日の日本株

<今日の日本株>
11月21日の日本株は上昇したものの後場伸び悩む展開でした。日経平均株価の終値は前日比154円72銭高の22416円48銭でした。TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

今日の値上がり銘柄数2551に対し値下がり銘柄1083と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄はだいぶ増えて149、年初来安値更新銘柄は8でした。

今日のADA指数は61.5%となり、前日の59.3%からやや上昇しました。25日移動平均線を超えてくる銘柄が日々増加していますので、それらの新規買いや買い戻しを行ったことによります。

 

<結局はいつもと同じ動きか>
個別銘柄をみると、相変わらず強いRIZAPグループ(2928)やバリューHR(6078)、IBJ(6071)など、高値更新銘柄がだいぶ増えてきました。

また、高値更新まではいかなくとも、明確に25日移動平均線を超えてきた銘柄は結構あります。

そしてそれらの銘柄の特徴をみると、以前と同じように、好業績の内需系中小型成長株であることが多いです。

一時期、銀行株、証券株、海運株、鉄鋼株などが反発し、買われる銘柄の変化の可能性を注視していましたが、結局はそれらは伸び悩んでしまいました。代わってここ最近伸び悩んでいた好業績の内需系中小型成長株が全面高となり、早い銘柄は高値更新となっています。

結局はいつもと同じ、好業績の内需系中小型株が上昇する相場環境に戻ってきたという感があります。この動きはもう4年半続いていて、株価が大きく上昇する銘柄はその間月足チャートをみると、見事に右肩上がりの上昇を見せています。

3年も4年も株価が上がっている銘柄をここから買うのは勇気がいるかもしれません。でも、こうした銘柄を買わないと利益を上げにくいのが今の相場環境です。

「割安株」とか「出遅れ」という言葉につられて、今の株価上昇の本流から外れた銘柄ばかりやっていると、下手をすれば日経平均株価が30000円になっても全然利益が得られない、という可能性も大いにあります。ぜひとも注意してください。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/