日経平均株価25日移動平均線超えー2018年7月13日の日本株と今週の投資戦略

<7月13日の日本株>
3連休を控えた週末7月13日の日本株は、朝高から後場になりさらに一段高となって大幅上昇しました。日経平均株価の終値は前日比409円39銭高の22597円35銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しましたが、上昇率は日経平均株価に大きく劣りました。

値上がり銘柄2513に対し値下がり銘柄は1136と、日経平均株価大幅高の割には値下がり銘柄がかなり多い印象です。年初来高値更新銘柄は37、年初来安値更新銘柄は63でした。

ADA指数は27.3%となり、前日の5.0%から大きく上昇しました。25日移動平均線を超えてくる銘柄がかなり多かったので、それらを買い戻ししたり新規買いしたためです。

 

<日経平均株価は25日移動平均線を超えたが・・・>
個別銘柄をみると、デジタルアーツ(2326)、朝日インテック(7747)、スカラ(4845)、弁護士ドットコム(6027)など、高値更新となる銘柄もそこそこありました。

また、25日移動平均線を超えて上昇トレンドに転じる銘柄も少なくありませんでした。
まだまだ、下降トレンドの銘柄が大部分ですが、少しずつ状況は改善されつつあります。

ただ、3指数をみると、日経平均株価のみが25日移動平均線を超えている状態で、TOPIXやマザーズ指数は25日移動平均線を超えていません。

値下がり銘柄の多さからも分かる通り、日経平均株価主導の株価上昇であり、個別銘柄がまんべんなく買われる相場にはなっていません。

とはいえ、高値更新銘柄や上昇トレンド銘柄が日々増えていることは間違いありません。上昇トレンド転換直後の銘柄をタイミングよく買えるよう、投資候補銘柄の日々の株価チャートチェックは欠かせません。

今後、TOPIX、マザーズ指数とも25日移動平均線を超え、個別銘柄も日々25日移動平均線超えのものが増えてくるようであれば、次第に強気に転じていっても良いのではないかと思っています。
私自身がどのくらい弱気もしくは強気になているかどうかは、ADA指数をみて確認してください。現在は、7月上旬のマイナスから一転し、だいぶプラスに転じました。完全な強気まではほど遠いものの、上昇トレンドの銘柄はしっかりと買い仕込んでいる、という状況です。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/