日経平均株価高値更新をうかがう動きに-2017年7月11日の日本株

<今日の日本株>
7月11日の日本株は、朝からじり高の展開となり、日経平均株価の終値は前日比114円50銭高の20195円48銭でした。TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄2474、値下がり銘柄1036と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は少し増加して131、年初来安値更新銘柄は11でした。

今日のADA指数は67.9%となり、前日の63.9%から上昇しました。25日移動平均線を超えて上昇トレンドになる銘柄がかなり出てきたので、それらを新規買いしたりしました。

<25日移動平均線超えの個別銘柄多数>
まだまだ全ての銘柄が上昇トレンドに転じるような環境にはなっていませんが、強い銘柄は強いという動きが相変わらず続いています。フィックススターズ(3687)が直近高値を明確に更新、弁護士ドットコム(6027)など上昇を続けている銘柄も少なくありません。

また、オプティム(3694)、ラウンドワン(4680)、リニカル(2183)など、調整していた銘柄が25日移動平均線を超えるケースが相次ぎました。

先日、騰落レシオの観点や、個別銘柄の株価の動きの悪さから、調整局面のさらなる進行も警戒しましたが、今週に入ってからの2日間は、それを裏切るほどの好調な動きでした。

この水準で伸び悩んでしまうと、日経平均株価は二番天井をつけかねないためまだまだ楽観はできませんが、早い段階で直近高値を明確に超え、新たな上昇ステージに入ってもらいたいものです。