成長株の反発の有無を注視ー2018年4月20日の日本株と今週の投資戦略

<4月20日の日本株>
週末4月20日の日本株は、朝安後一時プラスに転じたものの、勢いは続かずマイナス引けとなりました。日経平均株価の終値は前日比28円94銭安の22162円24銭でした。
TOPIX、マザーズ指数は上昇しました。

値上がり銘柄1958に対し値下がり銘柄1619とほぼ拮抗、年初来高値更新銘柄は53、年初来安値更新銘柄は20でした。

ADA指数は49.6%となり、前日の48.5%とほぼ変わらずでした。25日移動平均線を超えた銘柄を買い、割り込んだ銘柄を売るといういつもどおりのことをした結果です。

 

<マザーズ指数の動きを注視>
個別銘柄の動きをみると、ここ最近の傾向である、成長株が弱く東証1部大型株が強い動きに変化ありません。

銀行株などはようやく25日移動平均線を超えたという状態ですが、建設株は上昇トレンドが続いていたり、海運株は25日移動平均線超えの後も少し株価が伸びていたりと、銘柄ごとの方向性は同じでも、強さがだいぶ異なる印象を受けます。

これまで、何度も成長株が弱くなる一方、東証1部大型株が強くなる動きがありましたが、最終的には大型株の上昇はストップして成長株が再度上昇する、という結末になっていました。

とはいえ、今回も同じようになるかは分かりません。私自身は、今後大型株主導の相場になってもよいように、25日移動平均線超えの大型株を買いつつ、成長株の動きを注視していきます。

長い目で見れば、株価が大きく上昇するのはやはり中小型の成長株ですから、成長株が上昇トレンドに復帰したら、再度成長株に注力していこうと思っています。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/