強い銘柄は順調ー2018年2月21日の日本株

<今日の日本株>
2月21日の日本株は、前日比マイナスの局面もあったものの引けは小幅高で終えました。
日経平均株価の終値は前日比45円71銭高の21970円81銭でした。
TOPIXは小幅マイナス、マザーズ指数は小幅プラスとなりました。

値上がり銘柄は2044、値下がり銘柄は1601とやや値上がり優勢、昨年来高値更新銘柄は72、昨年来安値更新銘柄は4でした。

ADA指数は36.4%となり、前日の35.2%から少し上昇しました。25日移動平均線を超えた銘柄を買い、割り込んだ銘柄を売るという作業を淡々としているだけです。

 

<強い銘柄に資金を集中することの是非>
個別銘柄をみると、日精エー・エス・ビー機械(6284)、SBSホールディングス(2384)、フィックスターズ(3687)、三機サービス(6044)など高値更新となる銘柄もそこそこ出現しています。

ただ、まだ下降トレンドのままの銘柄の方が多いため、ADA指数をみてもお分かりのとおり、100%の強気までには至っていません。

ここでよく聞かれるのが、「上昇トレンドの強い銘柄のみに資金を集中すれば、100%の強気に近い状態まで持っていっても良いのでは?そうすれば利益もより多く得られるはず。」ということです。

確かに強い銘柄にさらに資金を投下し、100%の強気とすれば、うまく行った場合は利益をさらに大きくすることが可能です。

しかし、もし現状の反発が終わり、再び急落となった場合、利益の減少や損失の拡大が大きくなってしまいます。

私自身、日経平均株価のトレンドにかかわらず、個別銘柄のトレンドが上昇トレンドであれば買っていきます。でも、やはり日経平均株価が上昇トレンドにあるときの方が、個別銘柄も上昇しやすいです。

例えば、2016年はじめのチャイナショックのときは、株価が急落した後一時的に反発しましたが、日経平均株価のトレンドは下降トレンドのままでした。そして、反発が終わった後再度急落し、先の安値を割り込んだのです。

このとき、反発が起きているときに、上昇トレンドの銘柄に資金を100%近く集中させたとしたら、しっかりと損切りをしたとしても、その後の急落で大きく損失を被ってしまうことになります。

私は、株式投資には攻め時と守り時があると思っています。100%攻め続けていたら、株価が急落するときや、長期下落相場ではどんどん損失が膨らんでしまいます。

今は、株価急落からの立ち上がりの局面であり、まだここから順調に日経平均株価が上昇していくかは分かりません。でも、個別銘柄の中には上昇トレンドのものもあり、高値更新しているものも目立ってきているので、無理のない範囲でそうした銘柄に投資している、これが私の現状のスタンスです。

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/