強い動きの個別銘柄増加ー2018年6月13日の日本株

<今日の日本株>
6月13日の日本株は、上値が重いものの終日強含みの動きでした。日経平均株価の終値は前日比88円03銭高の22966円38銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄2165に対し値下がり銘柄1439と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は121、年初来安値更新銘柄は25でした。

ADA指数は76.9%となり、前日の68.3%から大きく上昇しました。上昇トレンドの銘柄への買いを進めたことなどによるものです。
ADA指数は80%を上限のメドとしていますので、現状は個人的にはほぼ100%に近い強気となっています。

 

<「伸びる」銘柄が増えてきた>
個別銘柄をみると、ベネフィット・ワン(2413)、MonotaRO(3064)、テクマトリックス(3762)、シスメックス(6869)、キャピタル・アセット・プランニング(3965)、サイバーエージェント(4751)など、高値更新となる銘柄も多数出ています。

内需系中小型成長株の中にも、強い上昇となる銘柄が増えてきており、私自身の利益も底値からだいぶ回復してきました。

 

さて、ここ数日の株価の動きから気づいた点があります。それは、「伸びる銘柄が増えてきた」ということです。

少し前までは、高値更新となっても、そこから伸び悩んでしまうケースが多々ありました。こうなると、利益を伸ばすことができません。

しかしここ数日は、高値更新が何日も連続する銘柄が増えているのです。つまり、高値更新となった翌日以降も株価が上昇し続けているということです。
このような動きになれば、その株を保有し続けることで利益を伸ばすことができます。

ただし、下降トレンドのままの銘柄も40%ほどはある印象です。弱い銘柄にいつまでも固執するのではなく、強い銘柄を中心に投資しなければ、利益を得ることは難しいでしょう。

 

日経平均株価、TOPIX、マザーズ指数も25日移動平均線を少し超えたところに位置していますが、ここからさらに上昇し、利益を得やすい相場展開になることを期待しています。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/