少しずつ良くはなっている印象ー2018年7月24日の日本株

<今日の日本株>
7月24日の日本株は、朝高後一時プラスマイナスゼロ近辺まで落ち込むも再び持ち直し、日経平均株価の終値は前日比113円49銭高の22510円48銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄2515に対し値下がり銘柄1122と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は28、年初来安値更新銘柄は11でした。

ADA指数は59.8%となり、前日の47.2%から上昇しました。上昇トレンドに転じる銘柄が結構あったため、それらを新規買いしたり買い戻ししたりしたことによります。

 

<上昇トレンド銘柄少しずつ増加中>
個別銘柄をみると、アウトソーシング(2427)、シュッピン(3179)、弁護士ドットコム(6027)、エラン(6099)、トラスト・テック(2154)など高値更新となる銘柄もいくつかありました。

全般的にはまだまだ下降トレンドの銘柄の方が多いですが、少しずつ上昇トレンドの銘柄が増えている印象です。

年初来安値更新銘柄もかなり少なくなっていますし、投資候補銘柄が上昇トレンドに転じたら、ある程度積極的に買いに行っても良いのではないかと思います(私自身はそうしています)。

ただ、ここからは決算発表シーズンとなります。決算発表の直前に買うと、決算発表により株価が急落する可能性が高まります。決算発表直前の買いは高リスクであることをご理解ください。
決算発表直前の買いをできるだけ避けるためには、投資候補銘柄が上昇トレンドになったらすぐ買う、という習慣をつけておくのが良いと思います。そうすれば、買いのタイミングが決算発表直前に偏るようなことはなくなるからです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/