大幅に反発-2017年12月7日の日本株

<今日の日本株>
12月7日の日本株は大きく反発、日経平均株価の終値は前日比320円99銭高の22498円03銭でした。
TOPIX、マザーズ指数もともに大きく反発して終えました。

値上がり銘柄2929に対し値下がり銘柄743と値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は135まで回復しました。年初来安値更新銘柄は7でした。

ADA指数は68.4%となり、前日の60.1%から上昇しました。昨日の大幅下落で売却ないしヘッジ売りした個別銘柄を買い戻したことによるのが主な理由です。

 

<強い銘柄は高値更新へ>
個別銘柄をみると、イーグランド(3294)、寿スピリッツ(2222)、五洋建設(1893)、WDBホールディングス(2475)などが高値を更新、高値をつけたあと調整していたヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)も大幅高で高値更新の動きとなりました。

日経平均株価は大幅高したものの25日移動平均線ラインまで戻しただけです。でも、高値を更新した強い個別銘柄は数多く出現しています。

昨日のブログにて、日経平均株価が大きく値下がりしたとしても、上昇トレンドをキープしている個別銘柄まで売却する必要はないことをお話ししましたが、それは今日のような動きをみればよく理解できるのではないでしょうか。

今は日経平均株価と個別銘柄の動きとが連動しにくくなっています。あくまでも個別銘柄ベースで、売買のタイミングは考えるようにしましょう。上がる銘柄はどこまでも上がる、ということも少なくありませんから、大きく利益を得るチャンスはしっかりとつかみ取ることが重要です。

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/