円安進行だが株価は?・・・-2018年7月12日の日本株

<今日の日本株>
7月12日の日本株は朝から次第高の展開となり、日経平均株価の終値は前日比255円75銭高の22187円96銭でした。
TOPIX、マザーズ指数も上昇しましたが上昇率は日経平均株価には劣りました。

値上がり銘柄2169に対し値下がり銘柄1470とやや値上がり優勢、年初来高値更新銘柄は36、年初来安値更新銘柄は79でした。

ADA指数は5.0%となり、前日のマイナス2.0%から再びプラス圏に復帰しました。25日移動平均線超えの銘柄の新規買いや買い戻しを行ったことなどによるものです。

 

<円安でも株価が上がらない・・・>
個別銘柄をみると、MonotaRO(3064)、ビジョン(9416)、クスリのアオキホールディングス(3549)、スカラ(4845)、アイ・アールジャパンホールディングス(6035)など高値更新となっているものも散見されますが、大部分の銘柄は下降トレンドのままです。

引き続き、全般的には守り重視としつつ、上昇トレンドの強い銘柄にはしっかりと乗る、というスタンスがよいのではないかと思っています。少なくとも無理をして勝負に行く局面ではないことは確かです。

ところで、ドルー円相場が1ドル=112円台に突入し、かなり円安が進行しています。しかしいつもなら円安と同時に日経平均株価が上昇するはずなのに、今回は反比例のような動き(円安が進行するほど株価が下落)になってしまっています。

いつもと異なる動きをする場合は、どちらかが間違っている可能性、もしくは今までとは異なるステージに入った可能性のいずれかが考えられます。

しかし、後になってみないと真実は分かりません。であるなら、私たち個人投資家はいつも通り、上昇トレンドの時期だけ株を保有し、下降トレンドになったら株を保有しない、というルールを守るほかないと思います。

ただ、円安が進行しているのに株価が上昇しないというのは結構不気味な状態ではあります。株価の方が円安になっている為替に追いついて上昇してくれれば問題ないのですが。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/