全般は調整局面か?-2018年5月28日の日本株

<今日の日本株>
週明け5月28日の日本株は、朝方高かったもののその後は先週末の終値近辺で小動きとなりました。日経平均株価の終値は、先週末比30円30銭高の22481円09銭でした。
TOPIX、マザーズ指数は小幅安となりました。

値上がり銘柄1654に対し値下がり銘柄1942とほぼ拮抗、年初来高値更新銘柄は56、年初来安値更新銘柄は110でした。

ADA指数は54.5%となり、先週末の60.2%から低下しました。下降トレンドに転じた銘柄の売却を進めたことによるものです。

 

<下降トレンド銘柄が日々増加する展開>
個別銘柄をみると、リンクアンドモチベーション(2170)、M&Aキャピタルパートナーズ(6080)、GMOインターネット(9449)、クスリのアオキホールディングス(3549)など、高値更新となる銘柄も少なくありませんでした。

しかし、年初来安値更新銘柄も100を超えている状況ですし、また下降トレンドに転じる銘柄も日々増加しています。基本的に、年初来安値更新銘柄の数が年初来高値更新銘柄の数を上回っているときは、マーケットは調整局面にあると判断されます。
こうした状況からすると、確かに年初来高値更新銘柄や上昇トレンド銘柄も少なくはないものの、全般的には調整局面にあり、利益を得にくい環境であると感じます。

ただ、一方で25日移動平均線からのかい離が大きく新規買いができなかった銘柄や、資金の都合上投資できなかった銘柄へ投資するチャンスでもあります。
もし、ここから強い相場になれば、現時点での買いは良いタイミングとなる可能性が高いからです。

私自身、下降トレンドに転じた保有株は売却するとともに、上昇トレンドをキープしていて25日移動平均線からのかい離が小さい銘柄は、無理のない範囲で新規買いしていく予定です。

 

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/