全く実感がわかない日経平均株価13連騰-2017年10月19日の日本株

<今日の日本株>
10月19日の日本株は続伸し、日経平均株価の終値は前日比85円47銭高の21448円52銭でした。TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

値上がり銘柄1663、値下がり銘柄1952とやや値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は100、年初来安値更新銘柄は3でした。

今日のADA指数は69.3%となり、前日の69.9%とほぼ横ばいでした。下降トレンド転換の銘柄を売り、上昇トレンドにある銘柄を買うという銘柄入れ替えを行いました。

 

<日経平均株価13連騰、個別銘柄は?>
今日の上昇で日経平均株価は13連騰となり、実に1988年2月以来29年8ヶ月ぶり、歴代2位の長さとなりました。

しかしこの間、個別銘柄の動きは必ずしも強いとは言えず、日経平均株価とは裏腹な動きとなったものが相次ぎました。

個人的には、日経平均株価が13連騰したという実感があまりわきませんでした。それだけ、個別銘柄の上昇を伴っていないということです。

アリアケジャパン(2815)、N・フィールド(6077)、アドバンテスト(6857)など、高値更新を続けている銘柄も確かにあります。

でもすでに目先の天井をつけ、下落している銘柄が日に日に増加しています。

日経平均株価がどうなろうとも、自分の保有株が下降トレンドになったら売却するべきです。
いつ大きな下落局面になるかは誰にも分からないのですから、「下降トレンド⇒保有株は売却」というクセを今のうちにつけておくことをお勧めします。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/