今日の日本株(2016年3月3日)

<今日の日本株>
3月3日の日本株は大幅高だった昨日から続伸、日経平均株価は前日比213円61銭高の16960円16銭で引けました。
ADA指数も上昇し、本日は60.4%(前日49.3%)となりました。60%超えは2月2日以来、実に1ヶ月ぶりのことです。

<2月2日よりもチャートの形は良い>
2月2日の時も日経平均株価は25日移動平均線を超えていたものの、翌日に割り込み、2月12日にかけて怒涛の下げにつながりました。
本日もその時と同様、日経平均株価が25日移動平均線を超えて2日目ですが、2月2日の時より株価チャートの形はかなり良くなっています。さらに、TOPIXはやや形が悪いですが同様に明確に25日移動平均線を超えていますし、JPX日経400は良い形で超えてきています。マザーズ指数に至っては、非常に強い動きで25日移動平均線のはるか上方に達しています。

<上昇トレンドを維持している限り強気に対応>
日経平均株価は昨日の上昇でほぼ買い転換、今日の続伸で買い転換が確定したという形です。ここからは、日経平均株価が25日移動平均線を割り込まない限り強気で対処するという方針になります。
個別銘柄でみても、大手銀行株など25日移動平均線を明確に超えてきた銘柄が多数出現し、どの銘柄に投資したらよいか迷う状況になってきました。どこまで上昇するかは分かりませんが、この上昇相場が続く限りついていくべき局面です。もし出遅れてしまったという場合は、25日移動平均線を超えたばかりの銘柄をピックアップすれば、仮にここから反落して損切りとなった場合も損失率を小さく抑えられるはずです。