今日の日本株(2016年3月1日)

<今日の日本株>
3月1日の日本株は、日経平均株価が前日比58円75銭高の16085円51銭と上昇しました。昼前に15857円37銭まで売られる局面もありましたが、そこから持ち直し、比較的底堅い動きとなりました。
今日も個別銘柄の中から明確に25日移動平均線を超えるものが生じたため、ADA指数は40.1%と、前日の38.4%から少し上昇しました。

<横ばいの日経平均株価と高値更新する個別株>
日経平均株価の日足チャートを改めてご覧ください。2月16日以降半月の間、狭いレンジ幅の中を方向性なく動いていることが分かると思います。はっきり言って、株価チャートを見る限りでは、日経平均株価がここから上・下どちらに向かうのか、全く見当がつきません。
しかし、個別銘柄の中には今日も高値を更新した銘柄がいくつもあります。私のウォッチ銘柄においても、寿スピリッツ(2222)、GMOペイメントゲートウェイ(3769)、中村超硬(6166)といった銘柄が高値更新しました。
個別銘柄をみると、日経平均株価と連動しやすい大型株や、輸出比率の高い銘柄の株価は低迷している一方、国内を中心に事業展開している好業績銘柄の株価は強い動きになっているものが目立ちます。
結論としては、昨日と同様、「上昇トレンドを維持している個別銘柄は強気」です。日経平均先物や主力大型株には明らかに売り物が出ている一方、内需型・中小型の好業績銘柄には明らかに買いが入っています。今はその波に乗るべき時期だと思います。