金融証券に関わる相続手続き・相続対策についてはこちらからどうぞ

今日の日本株(2016年2月16日)

<今日の日本株>
2月16日の日本株は、日経平均株価が前日比31円85銭高の16054円43銭と続伸しました。一時16341円56銭まで上昇する場面がありましたが、引けにかけて利食い売りに押され、上げ幅を縮小しました。
ドル-円相場が115円台付近まで円安になった割には物足りない動きではありましたが、昨日の1000円超の上昇の翌日であることを考えれば贅沢はいえないでしょう。ただ、日経平均株価が16341円56銭をつける過程で指数も個別銘柄も小天井をつけた可能性があります。
本日のADA指数は23.5%となり、前日の9.0%から上昇しました。昨日に引き続き25日移動平均線を超えた銘柄や底値から10%前後反発した好業績株の新規買いを進めたためです。

<今日の高値超えを逆指値とした新規買いも一考>
ここまで株価が反発してくると、25日移動平均線近辺まで株価が戻ってくる個別銘柄も少しずつ目立ってきます。25日移動平均線をきれいに上抜いてくれれば文句なしで新規買いできるのですが、扱いに困るのが、25日移動平均線をザラバでは明確に超えたものの、引けにかけてダレてしまうようなケースです。
こんなとき私がよく用いるのが、今日の高値超えを逆指値とした買い注文を入れておく方法です。具体的な方法については、この後更新する別稿にて解説いたします。