今値上がりしている銘柄の特徴は?-2018年5月22日の日本株

<今日の日本株>
5月22日の日本株は、弱含みの動きながらも売り込まれるまでには至らず、日経平均株価の終値は前日比42円03銭安の22960円34銭と小幅安となりました。
TOPIXも下落しましたが、マザーズ指数は上昇しました。

値上がり銘柄1626に対し値下がり銘柄2035とやや値下がり優勢、年初来高値更新銘柄は77、年初来安値更新銘柄は17でした。

ADA指数は74.6%となり、前日の74.6%と変わらずでした。売却した銘柄と買った銘柄、それぞれ相当数ありますが、トータルで見てポジションが膨らまないよう調整しています。私は、MAXで80%までしか買わないようにしていますので、強気を維持していることに変わりありません。

 

<買われているのは成長株よりも・・・>
個別銘柄をみると、デジタルアーツ(2326)、M&Aキャピタルパートナーズ(6080)、青山財産ネットワークス(8929)など、高値更新となっている銘柄もちらほらあります。

ただ、成長株の多くが高値を取って上昇しているかというとそうでもなく、銘柄によりだいぶばらつきがあります。

今は、成長株よりも、アドバンスト・メディア(3773)やディジタルメディアプロフェッショナル(3652)のような、テーマ株もしくはファンダメンタルで見て買われる材料が見当たらないような(つまり値動きだけで買われている)株が大きく上昇しています。

私自身、長期的にみるとこうした株に手を出すよりも成長株にじっくり投資した方が高い成果が出るので、テーマ株はほとんど買いません。
でも、今は大きく買われているテーマ株も多いので、売買のタイミングが上手に取れるのであれば、短期間に効率的に大きな利益が狙えるチャンスでもあります。

なお、テーマ株は右肩上がりの上昇とはならず、チャートが山型の形になり、結局は元の株価に戻ってしまうことが多いので、売り買いのタイミングには十分気を付けてください。テーマ株は、上手な人であれば大きな利益を短期間で得ることができますが、そうでない人は簡単に大きな損失が生じます。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/