二極化相場に戻るか?-2017年9月29日の日本株と来週の投資戦略

<今日の日本株>
週末かつ月末の9月29日の日本株は、底堅い動きとなり、日経平均株価の終値は前日比6円83銭安の20356円28銭でした。TOPIXも小幅安でしたが、マザーズ指数は1%以上の上昇となりました。

値上がり銘柄1710に対し値下がり銘柄1878とほぼ拮抗、年初来高値更新銘柄は199と高水準、年初来安値更新銘柄は5でした。

今日のADA指数は80.9%となり、前日の76.8%から上昇しました。一旦25日移動平均線を割り込んだ銘柄の再度の移動平均線超えが相次いでおり、それらの買い戻しをする一方、保有株の一部を売却して、ADA指数80%前後に抑える努力をしました。
私は投資可能資金の80%を投資上限としているので、現状は100%強気のポジションとなっています。

 

<先日までの二極化相場の動きが再び強まっている?>
しばらくの間軟調だった、二極化相場の主役であった好業績内需系中小型株が、再び息を吹き返してきました。

日本M&Aセンタ-(2127)が約1ヶ月ぶりに高値更新、アウトソーシング(2427)は一旦25日移動平均線を割り込むもすぐに切り返して本日高値更新となりました。

また、高値更新には至っていないものの、フルキャストホールディングス(4848)も再度明確に25日移動平均線を超えてきました。

一方、底打ちからの大幅反発を期待している銀行株、証券株も決して弱い動きではないものの、伸び悩みとなっています。

結局は、今回もいつもと同じように、再び中長期で株価が右肩上がりになっている、好業績内需系中小型株が買われるという二極化相場に戻りつつあるように感じます。

ということで、上昇トレンドが続いている好業績株をわざわざ売ってまで、最近ようやく反発をはじめたような銘柄にシフトする必要はないと思います。

つまり、「出遅れ」を狙うのではなく、上昇トレンドの銘柄にとことんついていく、これが利益を伸ばすためには重要です。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/