アメリカ株急落の影響は?-2017年6月29日の日本株

<今日の日本株>
6月29日の日本株は終日強含みの動きとなり、日経平均株価の終値は前日比89円89銭高の20220円30銭でした。TOPIX、マザーズ指数も上昇しました。

今日の値上がり銘柄2585に対して値下がり銘柄932と、値上がりが優勢です。年初来高値更新銘柄は115、年初来安値更新銘柄は7でした。

今日のADA指数は68.3%となり、前日より大きく上昇しました。これは、ヘッジの空売りをつけた銘柄が切り返したため空売りを返済したり、銀行株や鉄鋼株などを新たに買ったためです。

<銀行株や鉄鋼株の動きに注目>
今日も、前田工繊(7821)や第一精工(6640)など上値追いを続ける銘柄も多かったですが、ここ数日の明らかな変化としていえるのが、銀行株や鉄鋼株など、これまで完全に物色の対象外だった銘柄の上昇です。りそなホールディングス(8308)や神戸製鋼所(5406)など、すでに25日移動平均線を上回っていて上昇トレンドとなっているものも数多くあります。
個人的には、この動きに証券株も追随してくれば、より物色の変化の信ぴょう性が増すと感じています。

今まで強かった中小型内需系銘柄から、物色の圏外だった東証1部大型株に投資資金がシフトしていく可能性も考え、気になった銘柄が25日移動平均線を超えたら新規買いしておくなど、どう転んでも大ケガのないようなポジションを構築していくつもりです。