まだ下降トレンド銘柄多数ー2018年3月27日の日本株

<今日の日本株>
3月27日の日本株は、前日のアメリカ株の上昇を受け、朝から大幅高で始まり、その後も上値を追う展開となりました。
日経平均株価の終値は前日比551円22銭高の21317円32銭でした。
TOPIXも大幅高となりましたが、マザーズ指数は伸び悩みました。

値上がり銘柄3310に対し値下がり銘柄492と全面高の展開、昨年来高値更新銘柄は24、昨年来安値更新銘柄は9でした。

ADA指数は23.7%となり、前日の12.7%から大きく上昇しました。25日移動平均線を超えて反発する銘柄が結構あったため、それらのヘッジ空売りを外したり新規買いしたりしました。

 

<個別銘柄の株価のトレンドは?>
個別銘柄をみると、パーソルホールディングス(2181)、ビジョン(9416)、青山財産ネットワークス(8929)など、早速高値を更新してきた強い銘柄もわずかながら見受けられました。

ただ、まだまだ大部分の銘柄は25日移動平均線の下に株価が位置しており、下降トレンドのままとなっています。

ところで、例えば現時点で投資可能資金の大部分を投じて株を買い、株価が反発に転じ上昇を続けたら、大きな利益とすることができます。

でも私は、あくまでも上昇トレンドになった銘柄のみを買っていて、投資可能資金のうちの一部しか枠を使っていません。

なぜなら、やはり「下降トレンドのうちは、株価がそこから下落しやすい」からです。

確かに現時点で下降トレンドのままの銘柄を含め、勝負をかけて大量に株を買い、それが成功すればよいでしょう。でも、失敗したときのことを考えると、そうした勝負をするべきではありません。同じことを繰り返していればいつかは大きな失敗をして、資金を大きく減らしてしまいます。

株式投資で大きな利益を得ることは、ある意味簡単です。どこかのタイミングで勝負をかけて大量に資金を投下し、そこから首尾よく株価が大きく上昇すればよいだけです。

でも、大きな利益を狙うことをどんなときも繰り返していると、いつかは失敗して財産を大きく失うことになります。「常に大きな利益を狙う=大きな損をするリスクが高まる」ということなのです。

私は、株式投資は一攫千金を目指すのではなく、コツコツと利益を積み重ね、大相場など大きく取れるときは取り、最終的に大きな利益にする、というスタンスの方が、結果的にはより多額の利益を残せると思っています。これは私の20年の投資経験から言えることです。

 

================

【無料メール講座:「上位10%の負けない株式投資」】

~上位10%の投資家だけが知っている

教科書に載っていない負けない投資術~

株式投資でなかなか成果が出せずに悩んでいる方・必見!

株式投資で負けないために必要な知識・情報・テクニック・ノウハウをお伝えします。

イベント、セミナー、勉強会等の情報も優先的に発信します。

↓ぜひコチラから登録してください。↓

http://makenaikabushiki.com/lp_mail/