ご質問の回答(47)-各銘柄への投資額の割り振りについて

お知らせ:

ご質問の回答が遅れており申し訳ございません。

現時点でいただいているご質問は、今週中に順次回答いたします。

<ご質問>

足立先生、いつもブログを参考にさせていただいております。

お伺いしたいことがあり、ご連絡いたします。

ご質問したいのは各銘柄への投資額についてです。

先生は銘柄毎の投資額はどのように決めておられますか。各銘柄一律なのでしょうか、それとも有望度や流動性等を考慮して銘柄毎に変えておられるのでしょうか。

先生の手法はタイミングがとても大切と思いますので、流動性の少ない銘柄の場合は、あまり大きな金額は投資できないのではないかとも思えます。

そのあたりの先生のお考えや実践方法がお聞きできればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

<回答>

ご質問ありがとうございます。

私は銘柄ごとの投資額は、有望度によって差を付けています。

また、流動性の少ない銘柄はそもそも投資対象から外しています(基準は投資株数の100倍の売買高が毎日コンスタントにあるかどうかです)。

私の場合、保有する銘柄数が多いので、その点は参考にしていただかない方がよいのですが、他の上手な個人投資家の方の話も総合すると、自分が注力する銘柄であっても、最大投資可能額の10%以内に抑えるとのことでした。

最大10%の範囲内で、銘柄の力の入れ具合によって変動させればよいのではないかと思います。