金融証券に関わる相続手続き・相続対策についてはこちらからどうぞ

「ADA指数」の公開について

<ADA指数とは?>
今年の夏ごろから、「ADA指数」なるものを毎日集計していました。といっても大したものではなく、私の保有株の取得価格の合計が、投資可能資金に対してどれくらいのパーセンテージにあるかを日々集計したものです。

<ADA指数の見方>
例えば、ADA指数が50%なら、投資可能資金の半分を日本株に投資していると考えてください。
ADA指数は100%を超えることや、マイナスになることもあります。100%を超える場合とは、信用買いなどを組み合わせ、投資可能資金以上の投資をしているようなときです。ただ、今はそこまでの無茶はしません。
逆にマイナスになる場合とは、ツナギ売りや空売りの増加により、売りの方が買いより大きくなっているときです。

ADA指数が高いほど、私が株式により多くの資金を投入していることを示し、逆にADA指数が低いほど、株式の保有を減らしキャッシュポジションを高めていることを示しています。言い換えれば、ADA指数が高ければ強気、低ければ弱気であるということです。

<私の投資スタンスの「傾向」を示すもの>
取得価格ベースで計算しているため、買いの方が売りより多くてもADA指数がマイナスになることもありますが、私の投資スタンスが強気、弱気のどちらに傾いているかの傾向を知るためのものだとご理解ください。
また、あくまで「傾向」を表した指数ですので、時系列でグラフ化してもあまり意味がないと思います。そのため、ひとまずは過去のデータや今後の数値をブログ本文中で列挙していく予定です。

ちなみに、12月15日のADA指数は20.4%です。12月2日の79.2%から、相場環境の悪化に伴い急速に保有株を減らした結果です。