「トランプ・ショック」への備えはどうするか?

アメリカ大統領選挙に関する今しがたのニュースでは、トランプ氏の支持率がクリントン氏を1ポイント上回ったということです。
現状、世界の株式市場ではトランプ氏の勝利をほとんど織り込んでいないはずです。そのため、仮にトランプ氏の勝利となった場合、「トランプ・ショック」でマーケットが混乱する可能性が大いにあります。

では、個人投資家として「トランプ・ショック」に対してどのように備えればよいでしょうか。以下の3つが主に考えられます。
1.何もしない(気にしない)
2.買いポジションを減らす(株への投下金額を普段より少なくする)
3.先物・オプションでヘッジする

このうち、1.は何もなければ問題なし、トランプ・ショックが起これば結構大きなダメージを受けると思われます。私は大きな損失をできるだけ避けるというのがモットーなので、この方法は取りません。

2.は、株式に投資する金額を減らせば、もしショックが起きても影響額が小さくなるという理屈です。私は今後の情勢によっては、多少保有株を減らす可能性はあります。

3.は、先物の売り、もしくはプットオプションの買いを行います。ただ、先物の売りの場合は何もショックがなかった場合損失が膨らむ可能性もあるので、私はプットオプションの買いで対応します。

もし先物、オプションの口座があるならば2および3の組み合わせ、口座がないのであれば2により対応することが現実的かと思います。