Monthly Archives

28 Articles

SNS炎上で株価急落、そのときどうする?

SNSのある投稿がきっかけで株価が急落した事例としてピーシーデポコーポレーション(7618)がありますが、つい先日も「食べログ」を運営するカカクコム(2371)の株価がSNSの投稿をきっかけにして急落しました。 以前はアルバイト店員の悪ふざけのSNSへの写真付き投稿が原因で、店自体が閉鎖に追い込まれたこともありました。 今は、SNS1つの投稿があっという間に全国に拡散してしまう時代あり、その影…続きを読む»

なぜ不動産を「共有」にしてはいけないのか

相続が発生して遺産分割でもめた場合、最終的に法定相続分のとおりに分けることがよくあります。その時、不動産についても法定相続分通りの「共有」とすることが少なくありません。しかし、不動産は「共有」とすべきではないというのが定説です。 共有で不動産を所有すると「自分の自由にならない」からです。 不動産を単独で所有していたら、その不動産を自分のため(例えば自宅として)使うこともできますし、他人に賃…続きを読む»

9月16日の日本株と今週の投資戦略

<9月16日の日本株> 先週末9月16日の日本株は反発し、日経平均株価は前日比114円28銭高の16519円29銭で終えました。TOPIXも上昇、マザーズ指数も小幅に上昇しました。 とはいえ、方向感のない展開が続いていることは変わりありません。値上がり銘柄2239に対し、値下がり銘柄も1164あり、全面高の展開にはなかなかならないようです。7月中旬以降日経平均株価やTOPIXはボックス相場が続…続きを読む»

今日の日本株(2016年9月15日)

<今日の日本株> 9月15日の日本株は大幅下落となり、日経平均株価の終値は前日比209円23銭安の16405円01銭でした。TOPIX、マザーズ指数も下落しています。 今日の年初来高値更新銘柄9に対して、年初来安値更新銘柄は21です。年初来安値の方がやや多い状況が続いていますが、底打ちするときは年初来安値が大きく増加することが多いため、年初来安値銘柄数という観点から見ればまだまだ下げの序盤とい…続きを読む»

楽天証券オンラインセミナー第5回 申し込みは9月21日までです

楽天証券オンラインセミナー第5回 ファンダメンタル分析を補完する「株価トレンド分析」(9月27日(火)19:30~)の視聴申し込みは9月21日(水)までとなっております。 楽天証券オンラインセミナー第5回 株価トレンド分析は私が個別銘柄の売買のタイミングを計る際に用いているものであり、特に「大きな下げ相場に強い」手法と自負しています。 例えば、大きな下げ相場であれば株価が1000円ま…続きを読む»

今日の日本株(2016年9月14日)

<今日の日本株> 9月14日の日本株は、前場引けにかけて戻りを試したものの後場になると再び売られ、日経平均株価の終値は前日比114円80銭安の16614円24銭でした。TOPIXも下落、マザーズ指数は大幅に下落しています。 個別銘柄の動きをみると、値上がり988に対し値下がり2293と値下がりが優勢、年初来高値銘柄が12に対して年初来安値銘柄が16となっていて、年初来安値が少しずつ増加している…続きを読む»

今日の日本株(2016年9月13日)

<今日の日本株> アメリカ株の大幅反発を受けた9月13日の日本株は、朝方高くはじまったものの次第弱りの展開となり、日経平均株価の終値は前日比56円12銭高の16729円04銭でした。TOPIXは小幅反落、マザーズ指数は小幅高でした。 個別銘柄の値上がり銘柄数は1799、値下がりは1468と、前日のアメリカ株急反発を持ってしても下がるものは下がるという印象を持ちました。 今日のADA指数は36…続きを読む»

今日の日本株(2016年9月12日)

<今日の日本株> 先週末のアメリカ株大幅安を受け、日本株も大きく下落しました。日経平均株価の終値は先週末比292円84銭安の16672円92銭でした。TOPIX、マザーズ指数も大幅安で、マザーズ指数はそーせいグループ(4565)の急落も手伝い3%超の下落でした。 値上がり銘柄695に対して値下がり2767と、全面安に近い展開で、年初来高値9に対して年初来安値銘柄12と、わずかですが年初来安値銘…続きを読む»

9月9日の日本株と今週の投資戦略

<9月9日の日本株> 週末9月9日の日本株は朝方こそ高かったものの上値の重い展開となりました。日経平均株価は一時17000円台を回復しましたが終値は6円99銭高の16965円76銭で引けました。TOPIXは小幅安、マザーズ指数はそーせいグループ(4565)の大幅高もあり上昇しました。 値上がり銘柄1593に対して値下がり銘柄1695とほぼ拮抗し、相変わらず方向感の定まらない展開です。とはいえ年…続きを読む»