Monthly Archives

32 Articles

遺産分割で長期間もめると税金面でも不利になる

被相続人が亡くなり、相続が起こった場合、亡くなってから10ヶ月以内に相続税の申告書を提出する必要があります。10ヶ月と聞くと結構長いように聞こえるかもしれませんが、実際はあっという間に10ヶ月が経過します。 特に気を付けたいのが、被相続人の財産を誰が相続するかを決める遺産分割です。仲たがいしながらも、なんとか10ヶ月以内に遺産分割協議が調えばよいのですが、問題はなかなか協議が進まずに未分割の状態…続きを読む»

5月20日の日本株と来週の投資戦略

<5月20日の日本株> 週末5月20日の日本株は上昇し、日経平均株価の終値は前日比89円69銭高の16736円35銭で引けました。マザーズ指数も小幅ながら2日続伸となり、ここからの復活を期待したいものです。 ADA指数は48.4%となり、前日の43.5%から上昇しました。下降トレンドのものをいくつか空売りしていたのですが、これらが最近になって反発しはじめてきたため、それらの一部を買い戻ししまし…続きを読む»

今日の日本株(2016年5月19日)

<今日の日本株> 5月19日の日本株は朝方高かったものの伸び悩み、日経平均株価の終値は16646円66銭と1円97銭高にとどまりました。マザーズ指数は本日は多少上昇となっていて、昨日の急落銘柄も下げ止まりの様相です。 今日のADA指数は43.5%と、昨日の43.8%からほぼ横ばいでした。今日も、動きの悪い銘柄から動きの良い銘柄に乗り換える行動をとりました。 日経平均株価は16850円近辺で何…続きを読む»

新興市場銘柄の波乱をうまく乗り切れましたか?

昨日のブログにて、モルフォ(3653)やそーせいグループ(4565)が一旦反発したこと、そして直近安値を割り込んだ場合は躊躇なく売却すべきであることをお話ししました。 そして今日になり、マザーズ指数急落の影響もあり、モルフォ、そーせいグループともに直近安値割れとなって終了しています。 直近安値割れをザラ場ベースでみるか、終値ベースでみるかという議論があります。なぜなら、ザラ場では直近安値を…続きを読む»

今日の日本株(2016年5月18日)

<今日の日本株> 5月18日の日本株は伸び悩みの動きで、日経平均株価は前日比8円11銭安の16644円69銭で引けました。一方、昨日下げ止まったかにみえたマザーズ指数は一昨日に続き急落、8%近くの下げとなりました。 今日は1-3月期のGDPが発表され、大方のマイナス成長をよそにまさかのプラス成長でした。ただ、今の日本株は金融相場ですから、足元の景気はあまり株価に影響ないと思われます。 今日の…続きを読む»

切り返しによる安値を売却・損切りポイントに活用する

私が日々実践している株価トレンド分析では、25日移動平均線を株価が割り込んだら売却・損切りを実行するのがルールです。とはいえ、25日移動平均線を割り込んだ直後に反発したりすることもあるため、万能ではありません。 しかし、今日のモルフォ(3653)のように、25日移動平均線を少しだけ割り込んだ後に切り返した場合、切り返した安値を割り込んだら売り、とすればよいのです。 モルフォの今日の安値は888…続きを読む»

今日の日本株(2016年5月17日)

<今日の日本株> 5月17日の日本株はやや大きめの上昇となり、日経平均株価は前日比186円40銭高の16652円80銭で引けました。また、昨日急落したマザーズ指数も今日は持ち直し、前日比プラスで終えました。 私自身は、新興市場市場銘柄の保有割合が高いですから、ひとまずは下げ止まりの動きとなりほっと一安心というところです。 今日のADA指数は前日の44.2%とほぼ変わらずの44.7%となりまし…続きを読む»

今日の日本株(2016年5月16日)

<今日の日本株> 週明け5月16日の日本株は後場に入り失速、日経平均株価の終値は54円19銭高の16466円40銭となりました。悲惨だったのはマザーズ指数で、81.65ポイント安の1125.37と暴落となりました。 今日のADA指数は44.2%と先週末の53.5%からやや大きく低下しました。決算により急落した銘柄をはじめ、25日移動平均線を割り込んだ銘柄が結構あったのと、マーケットの状況があま…続きを読む»

5月13日の日本株と今週の投資戦略

<5月13日の日本株> 5月13日の日本株は、朝方こそ高く始まったもののそこから終日売られる展開で、日経平均株価は前日比234円13銭安の16412円21銭で引け、再度25日移動平均線を割り込みました。一方、マザーズ指数は朝方の下落後は持ち直し、上昇して引けました。 5月13日はオプションSQの算出日ですが、SQ値が16845円というかなり高い価格で決まってしまい、いわゆる「幻のSQ」となって…続きを読む»

2016年5月前半のADA指数

5/2  18.8% 5/6  23.9% 5/9  37.5% 5/10  49.9% 5/11  50.6% 5/12  53.5% 5/13  53.5% GW中は守り重視で控えめにしていましたが、GW明けは、上昇トレンド銘柄も増加したのでADA指数も上昇しました。とはいえ、まだ日経平均株価の動きは不安定であり、明確な上昇トレンドとは程遠い状態ですので、当面はADA指数があ…続きを読む»